1. HOME
  2. おしゃべりボタン

2020年02月25日

伝える力の磨き方?

【新型コロナウイルスの感染症拡大防止のため、記事内の定例会は延期となりました。ご了承ください】

来る2月28日、経営者に必要な「伝える力」の磨き方 をテーマとした定例会を開催します。
私がやりたかったテーマです。

「伝え方が9割」という本が少し前に流行りました。
伝え方が下手だという自覚があった私には、なかなか衝撃的なタイトルでした。
つまり、私は伝え方が下手なばっかりに人生9割マイナスを背負ってるんじゃないか…

思い当たることはありました。
若い頃、電気屋でシャワートイレの販売員をやったことがあります。
メーカーが自社の商品を売るために、電気屋さんに派遣する販売員です。デジカメやらコーヒーやらいろんなものを売りに行きましたが、シャワートイレは正直全然売れませんでした。
シャワートイレって故障でもしない限りなかなか買うものでもありませんし、付け焼刃の知識だけで対応するのもむつかしい商品です。
まあ売れなくてもしょうがないだろう、くらいの気分でただ時間を潰していました。

そんな中、私と同じようにメーカーからの派遣でマッサージチェアーという、これもまた高価で、なかなか売れなさそうな商品を売っている販売員さんがいたのですが、彼女がどんどんマッサージチェアーを売っていくのです。
1台10万円くらいします。しかも生活必需品ではありません。
どうして彼女はあんなに売ることができるのだろう、と観察しようとしたところで短い派遣時間が終わってしまいました。
けれども私の心の中でずっと「どうして同じものを売るのに、売れる人と売れない人がいるのだろう」という思いは消えずにいました。

商品にも価格にも違いがないのなら、あとはその人の伝え方と見せ方の問題のはずです。
相手に伝わる商品の価値は、伝え方によるところが大きいに違いありません。

今回の定例会ではそのあたりを実践的にじっくり勉強していきたいと思っています。

秦優
posted by おしゃべりボタン at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187198283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック