1. HOME
  2. おしゃべりボタン

2020年02月04日

対話の力

私は住宅設計に携わっています。設計というと、ハード面が主だと思われがちですが、本当の設計力は暮らしやすさや居心地のデザインにあらわれると思っています。

そこで、モットーとしていることが「対話を重ねる事」。

今の暮らしぶりを基にしながら、新たな住まいに、これからの暮らしやすさや居心地の良さをもたらせていくために、とことん話します。
直接住まいに関することだけでなく、趣味とかこだわりとか ジャンルを問わず、できるだけお茶やケーキ、たまには食事をしながら話します。
メールや電話で話すと手っ取り早く用件を伝える事が出来ますが、顔が見えない分、表現される「言葉」だけでないニュアンスがわかりません。
ですので、できるだけお会いして話すように心がけています。

でも心をわって話せるようになるまでに、少し時間がかかる時があります。
照れや見栄などがバリアをはってしまうからです。
その照れや見栄などのバリアを取り払うには、「聞く力」と「伝える力」が重要だと思っています。
共にとても難しい事ですが、できるだけ丁寧に心を込めて話すことで、その力を高められるように努めています。

そんな私の悩みが届いたかどうかはわかりませんが、We's第五回定例会のテーマが「経営者に必要な『伝える力』の磨き方」に決まりました。
座学だけでなく実践に即した内容になるよう、担当の方が企画を練られています。

案内チラシの中で私が惹かれたのが「伝え方次第で、あなたの印象が大きく変わるかもしれません!」のフレーズ。

どこまで変われるか、変える事ができるのか・・・・
私のチャレンジは今年も続きます。


♪ 中浦妙子


posted by おしゃべりボタン at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187119625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック