1. HOME
  2. おしゃべりボタン

2018年09月30日

くたばれ 「自信がない」病

日本人女性が、ついつい知らずにかかっている「自信がない」病。

女性だから、どうせ言ったって聞いてもらえない。それなら適当にすませよう・・・。
どんどん負のスパイラルに陥ってしまう人を、たくさん見てきました。
かくゆう私もその一人。


でも女性は率直に自信がないと言える力がある分、強いのではないでしょうか。

男だって「自信がない」のは同じ。
その弱さを気づかれないように、威張ったり、偉そうにする。まさしく虚栄そのもの。
その虚栄心から他者への敬意が失われ、無理やり服従させようとして、パワハラやセクハラが生まれる・・・。

その視点でみると、男性の方が女性より不自由でかわいそうなのかもしれない。


でも、男性・女性という性差を超えて、自然に生きている人達も たくさんいらっしゃいます。その人たちは、自分を信じて、自由で楽観的でポジィティブ。


その中の一人が、マザーハウスの「山口 絵理子」さん。
先日 山口さんのトークセッションに行ってきました。

その中で、私が感じた事は、彼女は人を尊敬し、強く堂々としている。
本当の自信があるから、他者に力を見せつけようとしないし、優しい。


「裸でも生きる」という彼女の著書があるけれど、私には「自然に生きる」のタイトルの方がしっくりくる。

不必要に委縮することなく、肩ひじはることなく、普通に自信をもって、前向きに。


くたばれ 私の「自信がない」病。


♪ 中浦妙子



posted by おしゃべりボタン at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184557328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック