1. HOME
  2. おしゃべりボタン

2018年01月14日

初志貫徹

今期、会計を務めさせて頂いています、会社の数字研究所 濱本瑞枝です。

私は、約20年中小企業の財務経理に従事してきました。
最後に勤めた会社が、金融機関から追加融資を止められる事態に陥り、何とかその状況を脱すべく、財務経理責任者として解決策を探り、自らも動いて状況の改善を図ってきました。
その経験から、会社の経営には「財務会計」の導入が不可欠だと感じ、
「より多くの中小企業に『財務会計』を導入してもらい、財務基盤の強い筋肉質の会社になってほしい。」という思いから、事業を立ち上げました。

と言っても、元サラリーマンで、起業するにあたり人脈も知識もありません。そこで、産創館の創業ゼミに参加したり、また人脈を広げ、必要な情報を得ようと経済団体にも所属し、色々な方からアドバイスを頂きました。

それが逆にマズかったようで、自分の中に固定観念が立ちはだかり、また、「事業の為に動くのか」、「やりたい事のために事業をするのか」その軸がブレてしまい、悩み、留まってしまいました。
ひとまず全てをリセットし、自分の中の固定観念を一切取り除き、私は「やりたい事のために事業をする」その初心に戻り、それを成すためにどうすればよいのか、ひたすら考えました。今年から、再始動です。

固定観念というものは、気づかないうちに自分の中に出来上がっています。
そこで、3月の定例会では、先輩会員の淺田さんと共に、「既成概念、固定観念を取り払おう・自分の可能性を広げよう」というテーマを取り上げて参ります。今まさにその壁にぶつかっている、もしくは、そこから突破した経験談など、共に語る場を持てればと考えています。是非、ご参加ください。

posted by おしゃべりボタン at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182148047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック